法人会員『泰永会』の文化活動がKecskemet Onlineに掲載されました。

 

 ハンガリーのRaday公立博物館にて相互文化交流が行われ、泰永会が現地で書と茶の所作を披露致しました。ハンガリー大使との交流後、その様子は現地メディアにも取材され、KEOL (Kecskemet Online)をはじめとした記事も多数掲載されました。

書:野尻泰煌(Personnel Administrator of Hashihime World Agency)

茶:髙堂巓古(Chairman of Hashihime World Agency)

野尻泰煌の書ならびに刻字・黒茶碗がそのまま博物館に収蔵され、茶のほうでもその黒茶碗『架け橋』と博物館にもともと収蔵されてあった二百年まえのハンガリーの壷や皿を水指や建水に使わせていただきました。